IT法コラム

 刑法の領域には、「許された危険」という考え方があります。これは、社会的に有用な行為は、法益(生命や身体など)侵害結果を伴うものであっても、一定の制約のもとに許容される、という考え方です。典型的なのは、自動車運転です。自動車運転は、これを許せば年間数千人の死者が出ることは分かっていながら、これを禁止すれば社会経済がスト ...

IT法コラム

 「安全」かも知れないが「安心」ではない、というのはここ数年、しばしば聞かれる言葉です。本来の意味は、「安全」は客観的な意味合い、「安心」は主観的な意味合いということですが、メディアに現れるような場合は、(意識しているかどうは別にして)別の意味が込められているようです。「安心」ではないとは、客観的には「安全」だが漠然と ...

IT法コラム

 一見すると似て非なるものに思えますが、コンピュータ・プログラムと契約書には、かなりの共通点があります。いずれも「ロジックの塊」であり、それにより、片やコンピュータの動作を規律し、片や人の行動を規律します。実際、「CODE」の著者であるレッシグ教授は、サイバー空間においては「コードは法である」として、規制手段としての両 ...

IT法コラム

 法令の正式名称(正しくは「題名」といいます)には、長いものが少なくありません。俗にいう「個人情報保護法」は「個人情報の保護に関する法律」、「プロバイダ責任制限法」は「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律」が、それぞれ正式名称です。比較的知られている法律で特に長い法令名を持つものと ...

IT法コラム

 「強い債務」と「弱い債権」という表題に、違和感を抱く人は多いかも知れません。債務は義務等の不利益だから弱いものであり、債権は権利や利益だから強いものであるはず。特に、悪質な債権者による強引な取り立てや、土足で踏み込んだ(実際にはそんなことはありませんが)執行官が家財一切に差押えの封印票を貼り付けていく、といったイメー ...

IT法コラム

 法律の改正が「差分」方式で行われていることは、一般には殆ど知られていない事実の一つでしょう。例えば、2020年4月から施行予定の新民法(債権法の部分の改正法)は既に国会で成立していますが、文字どおりの新「民法」が作られたわけではなく、「第○条第1項中『△△△△』を『□□□□』に改める。」といった「差分」だけが書かれた ...

IT法コラム

 鎌倉時代の禅僧である道元は、「不思議な力である神通には大神通と小神通がある。世間の人は火を吹いて見せるような小神通を尊ぶが、本当の大神通は、毎日ご飯を食べ、疲れれば寝るといった、人間が生きて暮らしているという当たり前のことにある」(中村元氏による)と言ったそうです。この考えからすれば、ITの世界には、「〇〇を使えば、 ...

IT法コラム

 喫茶店等で何事か熱心に話し合っていると言えば、以前は生命保険か先物取引の営業と決まっていたものでした。しかし、ここ数年でこれらを圧倒するグループが出現しました。それは、IT事業者です。  しかも、生命保険や先物取引では、どことなくヒソヒソ話であったのが、IT事業者の場合、固有名詞や具体的数字の入ったスライド資料が映写 ...

IT法コラム

 人間には、「不定」であることに耐えられない、という性質があるのだそうです。そのためなのか、極論すれば、ゼロかマイナス100か分からない状態より、マイナス100と決まっている方がまだマシ、などということが起こります。不合理と言えば不合理ですが、あれこれと思い悩まずに済むという心理的メリットだけでなく、マイナス100では ...

IT法コラム

 今から十数年前、パリで行われた世界陸上の男子100メートル準決勝で、椿事が起こりました。発端は、メダル候補と見られていたアメリカの有力選手が、フライング(正しくは、false start)で失格となったことでした。同選手はフライングの判定に抗議して、走路に大の字に寝て抗議したため、競技マナーや不服申立てのあり方にも議 ...